[ 入口 ] [ 紹介 ] [ 出番 ] [ 演技 ] [ 雑記 ] [ 写真 ] [ 連絡 ]

Introduction

 江戸古典奇術、手妻(てづま)は、演技・演奏・衣裳が一体となってストーリーを語り込むという、日本が独自に生み出した、世界でも稀に見る素晴らしい芸能でした。


Mizugei


 やがて手妻は和妻と名前を変え、多くのマジシャンが行うものになり、広義には和風の雰囲気で行うマジック全般に使われるようになります。反面として、舞踊の所作・見立ての要素・古典のしきたりを持った『手妻』にまで遡って演技ができる流派は大変少なくなってしまいました。


Taki


 藤山晃太郎は、手妻の大家であり文化庁芸術祭大賞受賞者である藤山新太郎の一番弟子として修行を納め、正当な手妻を継承している、若手で最も注目されているマジシャンの一人です。


 マジックのレパートリーの一つとして和妻を演じるのでなく、生粋の『手妻師』として一連の公演手順を持ち、多くの海外実績を有しています。全く古典通りの手を演じるとともに、古典の意味合いと情緒を踏まえた、より派手でアクロバティックにアレンジした手順も演じ分けている俊英。


 藤山晃太郎は、和の世界が作り出す、映像では伝わりきらない圧倒的な美しさと迫力の『本物の芸』をあなたの元にお届けします。


 →印刷用のご紹介文はコチラ

Profile

    芸名: 藤山晃太郎
    身長: 174cm
    体重: 79kg
    誕生日: 1977/12/24
    出身: 千葉県君津市
    趣味: パソコン、パズル
    特技: テーブルクロス引き、日本舞踊、シルホイール

Bio

    1997/04 千葉大学入学、千葉大マジックサークル入会
    2002/11 藤山新太郎に師事、藤間流 藤間豊治に師事
    2003/11 マジックの聖地 Los Angeles "Magic Castle" 出演
    2003/12 (社)日本奇術協会 入会
    2005/01 日韓学生マジック交流MASIA主催、ゲスト出演
    2005/05 S.A.M オーストリア大会出演
    2005/07 S.A.M ボストン大会出演
    2006/03 フランスColombe d'Or コンベンション出演
    2006/05 三越劇場にて出世披露、藤山姓を襲名
    2006/12 (社)日本奇術協会主催「奇術の日」コンテスト準優勝
    2007/09 文化庁「本物の舞台芸術体験事業」レギュラー出演
    2008/10 韓国FISM ASIAコンテストにて特別賞受賞
    2008/11 台湾RICコンベンション 出演
    2009/07 FISM北京大会 出演
    2009/11 初の独演会「秘是花成」を開催
    2010/03 (社)日本奇術協会「ベストマジシャン」第1位に選ばれる
    2011/01 NHK教育「新春檜舞台」に人間国宝に混じって出演
    2011/03 二年連続(社)日本奇術協会「ベストマジシャン」第1位に
    2011/07 ニコファーレのこけら落しに出演
    2011/09 ヨコハマトリエンナーレにて横浜美術館での出演
    2011/10 二人会『信』主催。公演のネット配信で4500視聴
    2011/12 静岡大学の授業で和妻の講義
    2012/01 NHK総合「新春!日本の“お宝”第発掘!」にて紹介
    2012/02 三年連続(公社)日本奇術協会「ベストマジシャン」第1位に
    2012/08 EX「超マジシャンズリーグ」出演
    2012/12 「異の世界」公演にて京極夏彦師と共演
    2013/01 帝国ホテル新春寄席に水芸にて出演
    2013/01 ぱしふぃっくびぃなす伊勢・志摩クルーズにてメインショー
    twitter@tezumashi